espera y espera 「待て、そして希望せよ」



espera y espera 「待て、そして希望せよ」。
スペイン語で「待つ」はesperar、「希望する」はesperar、と同じ単語になります。ん〜意味深というかステキな発見をしました。

名作「巌窟王」、つい最近ではドラマ「モンテ・クリスト伯」で話題になりハマって観てましたが、その作中の名言です。

前向きで純粋で正義感溢れる魅力たっぷりの青年が、信頼をおいていた人たちに裏切られ無実の罪で投獄、長い年月、無為の日々を過ごし餓死を図ります。偶然隣の独房にいた老人から知識と教養を学び脱獄に成功、巨万の富を得て、青年を裏切った人たちに徹底して完璧な復讐をしていく話です。
復讐は成功し、裏切った人たちは全て失うことになるのですが、その周囲の人も不幸にしました。復讐の松末の有名な言葉が「待て、そして希望せよ」。

とても人間の本質を突いている話ですが、これが150年以上も前に書かれていてロングセラーであることが凄いです。人間はいつの時代も同じ葛藤を繰り返しているのだなと思います。

"純粋さ"は私は大好きで(そういうフラメンコに惹かれたわけですが)、純粋であればあるほど人の裏切りや不条理にぶつかってしまうものです。


だけどね〜、、、


復讐に成功して一時の快楽を得るのです が、、。みんな不幸になってしまう。
確かに裏切られて投獄され死に目に遭うのはあまりにも残酷すぎるけど、、、誰もが羨む知識と教養と財力を得たのなら、相手を不幸にする復讐ではなく、違う道を歩み成功し輝く人間となることで、復讐を遂げてみたらどうかと、、、この青年に問いかけをしたい。

espera y espera、待つ=希望。
そして深く絶望を味わった分だけ、深く幸せを感じられる力を手に入れられるのだと思います。

ステキな言葉を再発見しました。
そして純粋さをまた、大切にしようと思いました。




スポンサーサイト

ミニソロリサイタルやります!



ミニソロリサイタルをやります!


わたしの生きるテーマであります「アルテ(芸術)」。

これまで私は、歴史的にも現存する人びとにもたくさんの才能ある人たちの作品に、魅了され追い求め続けて続けてきました。

そんな凄い人たちには足元にもおよびませんが、わたしが愛し尊敬する凄腕な共演者と一緒に、今のわたしだからこそできるアルテ、そしてフラメンコだからこそできるアルテを探っていけたらと思います。

ぜひ観にきてください!!!
わたしも楽しみです!!!


ARTE en FLAMENCO アルテを探る
‪2018年8月29日(水)‬


◯時間:開場 ‪18:00‬ 開演 ‪19:30‬ 休憩あり
◯会場:November Eleventh 1111 part2
ノベンバーイレブンス
     (‪東京都港区赤坂3-17-8 都ビル2F‬ 最寄り/赤坂見附駅)
◯料金:チャージ¥4,500(当日 ¥5,000)税別
 
◯出演者:
踊り=鈴木真衣
うた=マヌエル・タニェ
ギター=エミリオ・マヤ
パルマ=井山直子


お問い合わせ
ノベンバーイレブンス
TEL:‪03-3588-8104‬ 
予約受付時間:‪13:00~18:00‬
(月曜基本定休日/営業の場合もあり)
↓クリック↓
http://www.risingdragon.jp

または
鈴木真衣 ‪mai.la.pulga@gmail.com‬


人生の振り幅




表現は
その人の人生の振り幅が大きいほど
衝撃を与えるものになるのだと思います。

もしたくさん傷ついて行き場のない気持ちを抱えているのならば、それらの心のエネルギーを他に変えていければベストです。

そして特に芸術はそういったものがあればあるほど良いです。
人生の振り幅が少ない人には難しい、普通よりも強いコンプレックスを抱えている人の特権なのです。そこに人生の大勝利が隠れていたりします。芸術ってすごいですよね。


ちなみに偉業を達成する人は
強いコンプレックスから始まっている人が多いとか。



フェルナンダ ウトレラのソレア
チョコラーテのシギリージャ などなど
心の底を突いてくる彼らは
振り幅の大きい人生を歩んできた偉大なアルティスタです👏✨


↓はディエゴ デ モロン。普段は変人だと言われてしまいがちですが、素直で繊細なギターの音色を出せるのはこの人しかいません。。。


ドローレスとアントニオ




複雑な気持ちになります。

ドローレス・アグヘタと息子のアントニオのカンテライブに行きましたが、彼らから出るあまりにも自然なフラメンコに心を持っていかれるわけです。


ふだん、社会的に地位のある人たちに囲まれていますが、迫害された過去を持つジプシーたちのフラメンコに感動をする。

極端に端と端にいる彼らですので、、、
複雑な気持ちでいっぱいになります。

まるで
格差社会と、見失ってはいけない大切なものが、目に見えるかのようです。。。


20180604125002fdf.jpeg
多分スイスのアルプス

ケガはだいぶ良くなりました。


足の怪我の様子ですが、
あとはひざを曲げれるようになれば完治です!もう少し^ ^

怪我と病気は大敵です。
皆さまもお気をつけくださいませ。



正義は存在しないのかもしれません。



孫正義さんには怒られるかもしれませんが、
正義は簡単に覆されたりするものかもしれません。



権威をお持ちの方が

「世の中は理不尽なことだらけ」

について説いていました。



重い責任と難しい判断をして経験を積んできた人の話は妙に説得力がありますが、

昔も今も起こり続ける不祥事や事件が
なくなることはあり得ないのかもしれない。
悪人が権力をにぎってしまうことは
実は歴史を振り返っても
繰り返されてきたことのようです。


でもそうであってはいけないと
そんな心を持ち続けることを
辞めてはならないと思ったのでありました。


◯ちらっと近くまで通ったので立ち寄ってみました。故 堀越千秋さんのパークホテルでの展示会です。色々な分野で作品を残していらしたのですね。そして、この方も、芸術に魅せられてしまった人ですね。。。(フラメンコの真髄に信仰が深かった)




20180528214150445.jpeg

昔と今



最近、足のケガをして10針縫いました(;o;)
いまは順調に回復中、歩行困難で色々と迷惑をかけることになりましたが、周りの支えが本当にありがたいです✼

さて、フラメンコは人生を変えてしまうほど圧倒的な威力がある、ふいに自分の最初のブログを読み直してみて、なんだかそう思いました。。。

私の気持ちは昔も今も変わりません。




http://pulgita.blog71.fc2.com/blog-entry-3.html

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

フラメンコ舞踊活動の理由

2013-03-09(17:15) : コメント 0 : トラックバック 0

生涯忘れられない体験をしました。


フラメンコを勉強しにスペインへ留学していたときのこと。
自身の開いたフラメンコライブの会場は、溢れんばかりの「愛」でいっぱいになりました。
それはもう会場には収まらなくなり、1つしかない狭くて小さな扉から吹き出しました。

フラメンコ。
それはそれは、なんて情愛に満ちたものなんだろう。なんて深いものなんだろう。。。


----

私は、コンチャ・バルガスという有名なジプシーの踊り手のところでフラメンコを教わっていました。
留学を終える前に彼女から教わったことを実践したくて、ライブを開くことを決意。
すると彼女は全面的に強力してくれたのでした。


こんな未熟でちっぽけな日本人の私。
ジプシーの濃密な空気、濃厚なフラメンコなんて踊れるはずがない。。。。それなのに。
彼女の家族もたくさんのハレオ。私はまるで家族の一員かのよう。
世知辛いこの世の中、こんなに幸せな気持ちになるなんて。

これがフラメンコなんだと思いました。



そんな素敵な体験をしました。

だからこそ、これからもずっと、
ジプシーたちが大切にしているフラメンコの本質を
探っていきたいと思っています。

そして、それを通して、

生きている中で何が大切か真摯に向き合い、
舞踊活動を通してそれを伝えていきたいと思います。



どうぞ応援をよろしくお願いいたします。



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


◆ところで、ミニリサイタルを考えています。
決まり次第お知らせします。




絶対的な自信



何故だかわたしは、自分の感性に関しては絶対的な自信を持っています。

たぶん両親の教育方針が感性(と教養)を身につけさせることで、物心ついた時からありとあらゆる芸術に触れていたからだと思います。それに良く褒められたから…。


そのため自分の感性が信じられなくなるイコール自分が信じられなくなるのだと思います。だから私自身が一番信じてあげなくちゃいけない。


教育は子どもの将来を左右する決定的な要因になりますね。
こんな人生が待っていたとは思わなかった。。。(・_・;




大好きなカルメン アマジャです。
20180512230509ebe.jpeg

美しい…。

20180512231410a87.jpeg

ドキドキするわ…。


GW開けました‼︎


負ける気など初めからさらさらない、
いつどんな時も敵は自分自身だけです。

芸術活動の目的は、
作品をとおして
自分の信念を社会に
伝えていくこと。

ただそこまでに、、、、、
批判の対象になるかもしれない。杭は打たれるかもしれない。大切な人が理解してくれないかもしれない。思うような作品ができず年数がかかるかもしれない。人気の為にはやらない(人気があることとは趣旨が違う)。なんの経済効果もないし。

ふぅ〜〜〜。
心は汗だく💦

だけどそんな道のりに
ワクワクするわけです。
一度の人生、自分の心に素直に”ほんとうに生きること”をするのが、他にはない芸術家の最大の最大の魅力。
それをやりたい(✧_✧)、というか既にやってきていることです。


先日、大沼由紀さんにレッスンしてもらいましたが、これがまた、、、そういった障害には微たりとも負けない素晴らしい『芸術家』だと思いました。。。教えの言葉の数々に空いた口がふさがりませんでした。。。


↓GWはのんびり家族と好きなことを堪能ー‼︎
20180507002334f25.jpeg

やっと気づいた。


どうやら、わたしは芸術家を目指しているらしい🐣

学生時代に学問として芸術を学びフラメンコ以外の芸術家に多くを学んだため、フラメンコにもそれらと同等の芸術を求めているようです。帰国後の9年間の違和感が腑に落ちた。気づくまでに9年もかかってしまった。


デザイナーと芸術家との違いについて書かれてる記事がありました。10円ハゲが笑っちゃうね。↓
https://gattolibero.hatenablog.com/entry/デザイナーと芸術家の違い&好きな事を仕事に




実家のスタジオに飾ってある武宮秀鵬さんの絵画です。裏に「まいさんへ」と書いてくださいました。素敵でしょ。


アルテは誰の心にもあるもので、どんなショーや舞台にも出現するステキなものです。
ただプロダンサーと、芸術家はそもそも活動する目的が違うので、別物と考えるのが正しい。似ていて混同しやすいから注意が必要です。


ホームページ
プロフィール

鈴木真衣

Author:鈴木真衣
フラメンコ踊り手“La Pulga”
幼少よりバレエを始め音楽や芸術に親しむ。高校在学中にフラメンコに出会い静岡文化芸術大学在学中より大塚友美氏に師事、渡西を重ねる。長期留学時、巨匠コンチャ・バルガス氏に出会い、純粋で家族的なジプシーのフラメンコに魅せられる。09年、スペインでコンチャ・バルガス氏のもとミニコンサートを行い、現地のアーティストと共演。現在は関東を中心に活動。ジプシーの生活の中から生まれたフラメンコを追求することで、人生の中で大切なことを模索。

カテゴリ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR