スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジプシーの考え方

御嶽山。
何度か登った山でした。

本当に驚きました。

自然の前では人は何にもできない…。



社会の一員として生活している私たち。でも時々、多くの矛盾にぶつかることがあります。

あるフラメンコギタリストが言っていました。

「社会は人間が作ったもの。
法律やルール、常識は
人間が生きる為にできている。

でもその社会は
果たして地球の中ではどうだろう。

地球は様々な自然や生物が生きていて成り立っている。社会は人間の都合で成り立っているにすぎない。

それを本能的に理解しているのがジプシーだ」、と。



ジプシーたちと接していると、人間と接している、というよりも、生物として接しているというか、地球の生き物の一員であることを、強く感じるときがあります。

それは、食事をするときなどなど、ちよっとした生活の中で感じます。

一般的には社会に溶け込まないとされ差別を受けてきた歴史をもつ彼らですが、その行動には、地球の一員として生きる彼らの、根本的な根拠があります。

そしてそれは、
人間社会が何度も忘れることを、改めて見つめさせてくれます。

人間は大自然には歯が立ちません。
自然が怒れば、社会は崩壊します。

それを何度も教えてくれるのが
ジプシーであり、彼らのフラメンコでした。


御嶽山の噴火は、とても衝撃的、胸が痛くなる出来事です。





一年ほど前に登った御嶽山、普段は美しいです。






スポンサーサイト
ホームページ
プロフィール

鈴木真衣

Author:鈴木真衣
フラメンコ踊り手“La Pulga”
静岡文化芸術大学在学中より大塚友美氏に師事、渡西を重ねる。長期留学時、巨匠コンチャ・バルガス氏に出会い、純粋で家族的なジプシーのフラメンコに魅せられる。09年、スペインでコンチャ・バルガス氏のもとミニコンサートを行い、現地のアーティストと共演。フラメンコを追求していく中で、大切なことは何かを学び、世の中に切り込んでいきます。

カテゴリ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。