20歳の頃、母が、
スペインへ旅行に連れてってくれました。

初めての海外。
紺碧の空の下、
スペインの空気を思いっきり吸って。
201601171340536ed.jpeg


フラメンコを辞めていた頃だったけど
心の隅っこに残っていた想いが吹き出して。

帰国後、偶然にも大塚師匠に再会してフラメンコを始めて、すぐにスペインへ短期留学する準備して。

そのあと新卒で普通に就職したけど

やっぱりお金を貯めて退職してスペインへ渡った。



いつもいつも
積み重ねてきた過去がある。

自分にできることを。


スポンサーサイト

5年前の今日の究極の目標

新年を迎えました。

年末年始は実家の浜松に帰省して、ゆっくり過ごしました。

実家のタンスの奥に眠っていた日記を見つけ、
読み返してみたら、、、

とても懐かしくて
学生の頃や就職活動とか、、、
バカだなぁと思うこととか、、、
色々思い出しました。


そしてなんだかんだ
いつも変わらず時を過ごしていたのが
フラメンコでした。

17歳から興味本位で始めたのに、
そこから
いつもいつも一緒だったんだなぁと思います。


5年前の2011年の1/2の今日(あ、もう翌日か。)に書いた日記を見つけました。
↓↓↓↓↓



なんだか凄いことが書いてあるなぁ。


今年もよろしくお願いします!
ホームページ
プロフィール

鈴木真衣

Author:鈴木真衣
フラメンコ踊り手“La Pulga”
幼少よりバレエを始め音楽や芸術に親しむ。高校在学中にフラメンコに出会い静岡文化芸術大学在学中より大塚友美氏に師事、渡西を重ねる。長期留学時、巨匠コンチャ・バルガス氏に出会い、純粋で家族的なジプシーのフラメンコに魅せられる。09年、スペインでコンチャ・バルガス氏のもとミニコンサートを行い、現地のアーティストと共演。現在は関東を中心に活動。ジプシーの生活の中から生まれたフラメンコを追求することで、人生の中で大切なことを模索。

カテゴリ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR