鈴木忠志



今になってつくづくと思いますが…

むかし、著名な世界の演出家、鈴木忠志さんご本人の講義を受け、静岡のSPACや富山県利賀村の合掌造りの劇場群に足を運んだりしていたんです。20歳の学生時代のことです。(学生はぜいたくです)

鈴木忠志さんの話は、
面白かったですね、、、
やっぱりものすごい偉大すぎる人なわけで、、、経験の厚さ深さ豊かさダイナミックさや圧倒的なオーラに、まだ若かった私には、その人間としての差から、なかなかお近づきになれませんでした。

そもそも世の中のことを何も知らない学生にとっては経験の差は当たり前ですが、

いま、社会のこと、経済のこと、政治のこと、人間のことについて知れば知るほど、舞台や芸術が面白く凄みを悟るものです。

★鈴木忠志さんをご存知ない方は↓↓↓
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/鈴木忠志



スポンサーサイト

アルティスタ…



ちょっと難しい話ですが…
フラメンコのアルティスタは、一体どれくらいいるのでしょう。

結局、芸術は、全て同じところにたどり着きます。フラメンコのアルテがわかる人は、ゴッホやピカソの凄みがわかり、バッハやベートーヴェンが理解できる…なんか、そんな感じだと思います。

スペイン留学から帰国して9年が経ちましたが、私にはその間ずっと、タブラオ出演→コンクール出場→教室開講の決まった流れには、疑問を持っていました。
いわゆる何でもできるプロのフラメンコダンサーなのですが、そこにアルテは感じられなかった。コンチャ・バルガスから教えられたフラメンコは、もっと生々しい人間の姿で、そこに強烈な感動を覚えたからです。

どんな偉大な芸術家も述べていますが、
芸術はかっこよくあってはいけない、うまくあってはいけない、心地よくあってはいけないらしいです。
なぜかといえば、純粋な心を持って、社会の様々な矛盾に体当たりし、瞬間瞬間に傷つき、苦悩にさらされながらも雄々しく生きている人間そのものが芸術だからです。そこにかっこよい・うまい・心地よいなどの"うわべ"はありません。
アルティスタはプロとはまた意味合いが違うようです。



モーレツに!!!


なんか猛烈に自分の心を解き放ちたい!!!人から何を言われようと、内に秘めた情熱とエネルギーを出しきれ!!!ブァぁぁーーーー!!!と人生を熱く燃えたぎさせてくれる男でありました、岡本太郎の「自分の中に毒を持て」の本を一瞬で読んでしまいました。

笑っちゃうほど最高にパンチが効き人生のバイブルになりそう。


己の声に正直に生きることは
激しい人との衝突や孤立や困難にぶつかり変人扱いされるものですが、自分が自分を肯定しなさいと叱咤する岡本太郎さんが爽快です🍃

当たり前だが天才で魅力的で
渋谷駅の壁画の前で拝めたくなりそうだ( ´_ゝ`)

そういえばConcha Vargasもこんな人ですね…


※青春出版社
自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間"を捨てられるか (青春文庫)ー岡本太郎

心は自分の財産


「自分は年をとるけど
心の傷は年をとらない」


最近話題になった、あるアーティストが放った重たい言葉ですが、
デリケートな人間の心は本当に興味深いものです。
IoT時代に突入しAIとともに生きていく私たちですが、嬉しいこと悲しいこと苦しいこと幸せなこと、複雑に感じることができる人間の心は人間の財産であると思います。

私自身が感じた気持ちは私の財産です。

それを形にできるアートというものは、鳥肌が立つほど、なんて神聖で崇高で格式が高いなものなんだろう🌠

やっぱり、幼少時代から共に歩んできた芸術が、大好きなんだなぁと思います。




ホームページ
プロフィール

鈴木真衣

Author:鈴木真衣
フラメンコ踊り手“La Pulga”
幼少よりバレエを始め音楽や芸術に親しむ。高校在学中にフラメンコに出会い静岡文化芸術大学在学中より大塚友美氏に師事、渡西を重ねる。長期留学時、巨匠コンチャ・バルガス氏に出会い、純粋で家族的なジプシーのフラメンコに魅せられる。09年、スペインでコンチャ・バルガス氏のもとミニコンサートを行い、現地のアーティストと共演。現在は関東を中心に活動。ジプシーの生活の中から生まれたフラメンコを追求することで、人生の中で大切なことを模索。

カテゴリ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR