他人の評価



フラメンコのアルテをやると決めた段階で、アルテに関しては自分の感性を信じて、関係者に忖度(そんたく)することはとっくに辞めていました。

他人を忖度しないで生きることは、普通以上に孤独との戦いだということ、リスクの幅が大きいことも理解しています。


画家のゴッホは生きている間は他人に評価されることはありませんでした。ですがその絵の数々はあまりにも素晴らしく死後に世界的に評価されるものとなった、なぜならその絵は彼自身の信念を貫き、そのために起こる世の矛盾にぶつかった物凄いエネルギーが現れているからです。

他人の評価てのは何なんだろうと思います。



すこし秘書していた方で呉文精さんという方に出会いました。記事をみつけたので、書き留めておこうと思います。
呉さんも大変素晴らしい方で、苦労と努力の大きさに頭が下がります…


ルネサスエレクトロニクス呉文精(くれ ぶんせい)社長
「自分の信念を貫くことが大切だと思っています。組織の中で周囲を忖度(そんたく)するより、自分で針路を決められる経営者を目指しました。当時、ジャック・ウェルチ氏率いる米ゼネラル・エレクトリック(GE)が「経営力」で勝負している企業として輝いて見えたので、GEの金融子会社、GEキャピタル・ジャパンに転じました。

 GEには経営者育成の仕組みがあります。指揮者として、バイオリン奏者やトランペット奏者を調和させてオーケストラ全体で美しい音色を奏でるわけです。人事と経理、経営企画がちぐはぐではいい音は出ません。管理職として、営業や生産、開発といった様々な部署を協調させる手法を学びました。…」


呉さん、これからもご活躍を応援しています^ ^
スポンサーサイト
ホームページ
プロフィール

鈴木真衣

Author:鈴木真衣
フラメンコ踊り手“La Pulga”
幼少よりバレエを始め音楽や芸術に親しむ。高校在学中にフラメンコに出会い静岡文化芸術大学在学中より大塚友美氏に師事、渡西を重ねる。長期留学時、巨匠コンチャ・バルガス氏に出会い、純粋で家族的なジプシーのフラメンコに魅せられる。09年、スペインでコンチャ・バルガス氏のもとミニコンサートを行い、現地のアーティストと共演。現在は関東を中心に活動。ジプシーの生活の中から生まれたフラメンコを追求することで、人生の中で大切なことを模索。

カテゴリ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR