見えてきたこと。

今回新人公演で踊るシギリージャをとおして、


「自分がフラメンコに惹かれたワケ」
「なぜフラメンコを踊るのか」
「これからフラメンコを通してやっていかなければならないこと」
「大きな社会に向けてちっぽけな私が発信すべきメッセージ」


が鮮明になってきた気がします。



シギリージャは”絶望”のフラメンコ。
出口の見えない苦しみを抱えていますが、
でも、それでも、
"この世に生をうけたことは、ありがたい。”



新人公演まで、もひと踏ん張りです。

スポンサーサイト
ホームページ
プロフィール

鈴木真衣

Author:鈴木真衣
フラメンコ踊り手“La Pulga”
幼少よりバレエを始め音楽や芸術に親しむ。高校在学中にフラメンコに出会い静岡文化芸術大学在学中より大塚友美氏に師事、渡西を重ねる。長期留学時、巨匠コンチャ・バルガス氏に出会い、純粋で家族的なジプシーのフラメンコに魅せられる。09年、スペインでコンチャ・バルガス氏のもとミニコンサートを行い、現地のアーティストと共演。現在は関東を中心に活動。ジプシーの生活の中から生まれたフラメンコを追求することで、人生の中で大切なことを模索。

カテゴリ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR